セミが夜鳴く理由…!
「101km歩いて、HANDSを支援!」

お盆を過ぎても、厳しい暑さが続いている。
昨日の東京都心、今年最高の37.2度を記録したとか。
朝も夜もなかなか気温が下がらない。
湿度が高過ぎる。

氷をたくさん入れたマイボトルを持って、昨夜は10時半スタート。
ジョギング、ウォーキング、犬のお散歩をしている人は、結構多い。
1時間で、15人と4匹はすれ違った。

「こんばんは☆」
すれ違い際に、かわいいゴールデンレトリバーちゃんと
お散歩をしていたおじ様が挨拶をしてくださった。
「こんばんは。かわいいですね♪」
東京でも、こうしてポワンと心が温かくなることって、あるんだな。


それにしても、昨夜は特に、いたる所でセミが鳴いていた。
夜鳴くのは、電灯が明るいから、昼間と間違えているのだと、ずっと思っていた。
でも昨夜は、そんなに明るくない所でも鳴いていた。
もしや、昼間のようなこの暑い気温にも反応して?


埼玉大学の林正美教授によると、夜間にセミが鳴く理由は、大きく2つあるという。

1)「夜の気温が高いから」。
セミは24~26度の気温で良く鳴くのだが、
最近は25度を下回らない熱帯夜が増える傾向にある。

2)「街灯などで夜でも明るいから」。

「暑く明るい」。この条件が整っているので、
ニイニイゼミやアブラゼミなどは昼間と勘違いして鳴くのではないかとのこと。
Garbagenews.comより)

それから、セミが鳴くのは、基本的にオスがメスを呼び寄せるため。
だから、メスは鳴かないそう…。
し、知らなかった(汗)。
セミの家より)
 

昨夜もナビゲーターと共に、4km歩いた。
残り34km!
[PR]
by nao-com | 2010-08-18 13:27 | NPOのこと


<< サプライズ目的ウォーキング♪ 第13回:4km(残り38km) >>