赤ちゃんの胃の大きさは…?
生まれたばかりの赤ちゃんの胃の大きさは、
なんとビー玉1つ分と非常に小さなもの。
母乳以外は与えてはいけないのに、泣き止まない我が子にお粥の様なものを与えてしまい、
結果赤ちゃんの胃は受けつけず、下痢をし、脱水症状になり、亡くなってしまう。

このように親に知識がないばかりに赤ちゃんが次々と亡くなっている開発途上国の現状、
そして貧困スパイラルの実在を、友達Aさんを通して、この7月に知ってしまった。

その国の人々に知識を少しでも広げ、その国の行政ともタイアップしながら
人々の健康を守るために活動しているのが、
NPO法人『HANDS(Health and Development Service)』で、
Aさんはそこに所属するスタッフ。

そして、私は1ヶ月前、「101km歩いて、HANDSを支援!」というチャレンジを宣言し、
日々チャレンジしながら、その様子をこのブログに綴った。


 (ゴール後、撮影☆ 帽子左:Sさん、帽子右:私)a0067273_7512526.jpg
寄付をして頂いたり、激励メッセージを送って下さったり、
大切に育てたお野菜を届けて下さるなど、様々な形でサポートをして下さった皆さん。
皆さんの温かいサポートのお陰で、101km完歩を一昨日、成し遂げる事ができました!
本当にどうもありがとうございました。


皆さんのサポートが大きなエネルギーとなり、
私のパートナーまでをも突き動かし、気づくとナビゲーターとして参加してくれていました。
お陰で、かなりの方向音痴の私は、道に迷う事なく、怖い思いをすることもなく、
安心して、しかも楽しく101kmを歩く事ができました。


感動体験など、ブログにちょこちょこ綴りましたが、
こんなにも素晴らしい体験を沢山させて頂くことになるとは、夢にも思っていませんでした。
そのきっかけを作ってくださったHANDSさん、Just Givingさんにも、感謝します♪


8/27に、目標額 101,000円達成率は、35%でした。
「100%となるミラクルは起きる」と信じ歩き続け、9/3(現在)79%の79,588円。
本当に心から感謝します。


このチャリティーで集められたお金が、どのように使われていくのか。
また、私が突き動かされた開発途上国の現状を改善するために、
どの程度お役に立てることになるのか。
今後HANDSさんとのおつきあいを通して、このブログでもお伝えしていこうと思います。



私のチャレンジは終わりましたが、「101km歩いて、HANDSを支援!」「のサイトで、
引き続きサポートをお受けすることはできます。
この数字が100%に達する事を信じて、引き続き応援をよろしくお願いいたします。


応援をして下さった皆さん、本当にありがとうございました。

感謝を込めて、
    nao♪
[PR]
by nao-com | 2010-09-03 12:19 | NPOのこと


<< 歩き続けます…100%に達するまで! ラスト4kmは…!? >>