カテゴリ:音楽のこと( 3 )
プロコフィエフ♪
昨夜の日本フィル定期演奏会では、
プロコフィエフ漬けに…(笑)。

まるでおもちゃ箱をひっくり返したかの様に、
次から次へと、あらゆる種類の音たちが、サントリーホールを駆け巡る。
やがてその音たちは勢いを増して、洪水のごとく溢れだし、私たち聴衆を飲み込む。

そのような状況が、アレクサンドル・ラザレフ指揮で、
「ピアノ協奏曲第3番」では、約27分、
「交響曲第5番」では、約46分にわたって繰り広げられた。

いやいやすごかった。
これらを作曲中だったプロコフィエフの頭の中を、覗いてみたくなる。
スコアも大変なものでしょうね。
曲が終わると同時に、ラザレフ氏は、指揮台から勢い余って落ちそうになる場面も(汗)


ピアノは、上原彩子さん
2002年にチャイコフスキー国際コンクールピアノ部門において、
女性として、また日本人として史上初めての第一位を獲得された方。

これは、誰でも弾ける曲ではない。
プロコフィエフから、「あなたなら、弾いてよろしい」と
お墨付きをもらった方しか弾く事ができない曲だと思う。

「よく指がつらないな…」と思う程、
凄まじい速さで、凄まじい数の音を鍵盤から弾きだす。
それが、30分近く続くのだ。
ものすごい精神力、忍耐力がなければ、
また心身ともに健康でなければ、
とても昨夜の様な素晴らしい演奏になるはずもない。


しかし、本当にオーケストラの生演奏を聴いていると、癒される♪
そして、聴きながら、次々と色々なアイデアが浮かんでくるのもおもいしろい。
きっと、それだけリラックスしているということかな?
[PR]
by nao-com | 2010-09-11 15:01 | 音楽のこと
" girasoul "♪
オーストラリアのパースで、
あらゆる種類のワイルドフラワーが、一度に咲き乱れている光景を見て思った。

「色々いていいんだ」

人によって身に起ることはそれぞれ異なる。
その対応の仕方も、人それぞれ。
それでいいと思う。
人生を短いと思うか、長いと思うかも人それぞれ。


できれば何も後悔せず、
その時がきたら、「楽しかった♪」と旅立ちたい。
「あれをしておけばよかった」「これを伝えておけば良かった」
なるべくこういう風には思いたくない。

だから、自分が輝ける道を歩みながら、
したいと思ったことをし、
伝えたいと思ったことを伝える。ただ、それだけ。


a0067273_12485292.jpgおととい、自分の細胞1つ1つが喜ぶ音楽に出逢った。
聴いていて、とても心地いい。
やさしさに包み込まれる様な、
幸せの波動が伝わってくるようなナンバーの数々。

"girasoul"(ジラソウル)


ヴォーカル、Mamiさんのブログを読んで納得。
同じ様なことを考えている人だった。

そして、今も"girasoul"を聴きながら、
幸せな気分に浸っている。
素敵な出逢いに、感謝。
    
[PR]
by nao-com | 2010-08-10 13:19 | 音楽のこと
Katherine Jenkins
♪音楽・映画・読書Blogランキング♪ 


a0067273_1656521.jpgキャサリン・ジェンキンスの日本デビューアルバム「ディーヴァ」が、本日いよいよ発売に!
映画やミュージカルナンバー、「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」など
親しみやすいナンバー満載♪



a0067273_16561545.jpgしかも、UKデビューアルバム「プルミエール」も同時発売!
キャサリンの出身地ウェールズの民謡、賛美歌などをも楽しむことができる♪





クラシックが流行している昨今、
彼女のこのアルバム到来は、日本に間違いなく大旋風を巻き起こす事になるだろう。
キャサリンに直接会い、生で彼女の歌を聴いて、そう私は実感した。

先日来日した際、分刻みのスケジュールも嫌な顔ひとつせずにこなしていたというキャサリン。
スタッフやまわりにも気を使う、とても優しい心の持ち主。すれたところが全くない。
初めて会った時、想像していた以上に奇麗な、かわいらしい人で驚いた。
何といっても、笑顔が本当に素敵すぎて、まぶしすぎて、
女性の私でさえ、彼女の目を直視できないこともあった・・・。・:*:・(@゜▽゜@)。・:*:・
包み込まれる様な、あたたかいオーラをつねに放っている人だった。
さらに彼女が歌い出すと、そのオーラは、どこまでもどこまでも広がり、
回りの人達をやさしく包み込んでいく。

クラプトンなども参加した「スマトラ津波救済コンサート」でオープニングを飾り、
「ライブ8」にも参加。軍関係の慰問公演も積極的に行っていて、
なんとクリスマスには21億円の保険をかけて、イラクで慰問コンサートを行う予定。
彼女はきれいで優しいだけでなく、揺らぐことのないしっかりとした意志を持つアーティストでもある。

威圧感、圧迫感のようなものは全く感じさせない、キャサリンのメッゾ・ソプラノ。
UKでポップスチャートをも賑わしたこの2枚のアルバムは、
背伸びをすることなく、肩肘はらずに聴ける・・・♪
彼女の優しさが、温かさが、芯の強さが満ちあふれている・・・♪
できることなら、ずっとずっと彼女のぬくもりのある優しい歌声に
包み込まれていたい・・・そんな風に思わせるアルバム。
クリスマスへのカウントダウンが始まろうとしているこの季節にも、
ぴったりなアルバムだと思う。

次の来日はいつかって?
来年4月、コンサートをしに来日する時♪
今回はあまりゆっくりできなかったから、次回来日することを
キャサリンもとても楽しみにしています!

音楽・映画・読書ランキング♪ 応援ポチポチッとお願いします♪ 

>>>もっとキャサリン情報をみる♪
[PR]
by nao-com | 2005-11-16 18:06 | 音楽のこと