<   2010年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧
親子ふれあいコンサート♪
楽しかった〜♪
昨日は、HANDSさん主催の「親子ふれあいコンサート」に行ってきました。

第一部は、英語の読みきかせ&歌♪
「はらぺこあおむし」でもおなじみの、
エリック・カール著の "Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?"。
私も大好きな絵本作家☆

ページがめくられる度に、
鮮やかな色のくまさんや、アヒルさん等が、生き生きと登場する。
赤ちゃんや小さな子ども達が、あっという前に惹き込まれていく。
そんな我が子の様子を見て、幸せそうに微笑まれるご両親達。

とっても幸せな空間がそこにはあった♪


a0067273_1312744.jpg第二部は、TsubasaV(ツバサファイブ)さんの、
マリンバなどによる演奏♪
こんなに身近に、生のマリンバの音を聞けることは、あまりないだろう。
あたたかい音が、こちらの体にも響き渡る。

空いたヤクルト容器にお米を入れた、HANDSさん作製の楽器が、
子どもたちやお父さん、お母さんにも配られ、
皆で一緒に「となりのトトロ」を演奏したり♪

大はしゃぎの子ども達の瞬間、瞬間を、カメラに収めるご両親達。
見ている私まで、とても幸せな気持ちになる♪



日本では、当たり前のように存在する「母子手帳」。
日本では、当たり前の様に教えてもらえる子育ての大切な基礎知識。
でも途上国では、このシステムがないために、
親にその知識がないために、生まれたばかりの多くの命が失われている。


生まれた国によって、これほどの差があるなんて。


途上国でもこのシステムを浸透させ、
一人でも多くの命を救おうと活動していらっしゃるのが、HANDSさんです。
[PR]
by nao-com | 2010-09-13 14:23 | NPOのこと
プロコフィエフ♪
昨夜の日本フィル定期演奏会では、
プロコフィエフ漬けに…(笑)。

まるでおもちゃ箱をひっくり返したかの様に、
次から次へと、あらゆる種類の音たちが、サントリーホールを駆け巡る。
やがてその音たちは勢いを増して、洪水のごとく溢れだし、私たち聴衆を飲み込む。

そのような状況が、アレクサンドル・ラザレフ指揮で、
「ピアノ協奏曲第3番」では、約27分、
「交響曲第5番」では、約46分にわたって繰り広げられた。

いやいやすごかった。
これらを作曲中だったプロコフィエフの頭の中を、覗いてみたくなる。
スコアも大変なものでしょうね。
曲が終わると同時に、ラザレフ氏は、指揮台から勢い余って落ちそうになる場面も(汗)


ピアノは、上原彩子さん
2002年にチャイコフスキー国際コンクールピアノ部門において、
女性として、また日本人として史上初めての第一位を獲得された方。

これは、誰でも弾ける曲ではない。
プロコフィエフから、「あなたなら、弾いてよろしい」と
お墨付きをもらった方しか弾く事ができない曲だと思う。

「よく指がつらないな…」と思う程、
凄まじい速さで、凄まじい数の音を鍵盤から弾きだす。
それが、30分近く続くのだ。
ものすごい精神力、忍耐力がなければ、
また心身ともに健康でなければ、
とても昨夜の様な素晴らしい演奏になるはずもない。


しかし、本当にオーケストラの生演奏を聴いていると、癒される♪
そして、聴きながら、次々と色々なアイデアが浮かんでくるのもおもいしろい。
きっと、それだけリラックスしているということかな?
[PR]
by nao-com | 2010-09-11 15:01 | 音楽のこと
正体発覚!
もう2年半も前のことになる。

もう1つのブログ、"nao's travel photos"で、
なかなか調べてもわからなかった正体不明の植物があった。



a0067273_1252447.jpg
昨夜、寝る前に「Hawaii de 花散歩」
癒されながら眺めていた。
先日、私にと、Kさんが買ってきてくれた本。


ハワイに行くと、ビーチで泳ぐより、
花や緑、空や海の写真ばかり撮っている私。
この本を眺めていると、
自分がカメラ片手に散歩をしているような、幸せな感覚になれる。


そして、ページをめくっていると…!
あったのです…。
そう、あの調べてもなかなかわからなかったお花が、
正体不明のあの植物が、載っていたのです!



その名は、「キャノンボール・ツリー」。
和名は、「砲丸の木」。
そう、そう。本当にこの花が付ける実は、まるで砲丸玉の様。


そして、もう1つ読んでいて、驚いたことが…!
機械仕掛けの時計のような「トケイソウ」のお花。
その実は、なんと…
パッションフルーツだったのです!

…世の中、知らないことだらけ…!
[PR]
by nao-com | 2010-09-09 13:08 | 日常でのこと
歩き続けます…100%に達するまで!
皆さんの応援のお陰で、
8月中に101km完歩を達成することができました。
…が!!!

目標額101,000円の達成率は79%。
あと21%足りません!

そこで、100%に達成するまで、9月も歩き続けることにしました!
このチャレンジを始めてお知りになり、共感して下さる方、
サポートをどうぞよろしくお願いいたします。
       ↓
「101km歩いて、HANDSを支援!」

早速、9月5日(日)に続行! これがまた、最高にいいコースでした♪



a0067273_22441214.jpg

ナビゲーターと共に、五反田をスタート!
夕方4時近くでも、容赦ない陽射しが降り注ぐ。



長い坂を上りきって右に曲がって行くと、
そこに私のお気に入りの建物がある。
「高輪二丁目の消防署」



この建物は昭和8年に落成したもので、
近代建築の遺産(ドイツ表現主義)として
保存建築物に指定されている。



a0067273_234612.jpg


「こんなにお寺があったんだ…。」


車で通り過ぎていた時は、気づきもしなかった。
次から次へと、道の両側に神社仏閣があらわれる。


そして、突然高層ビルが!
雲1つない真っ青な空に、レンガ色が良く映える。








a0067273_23141888.jpg


東京タワーが向こうに見えてきた三田では、
立派なお神輿が、いくつも担がれていた。


地区ごとにお神輿があるのか、盛大に行われていた。
楽しそう〜♪


麻布では、建物と建物の間から東京タワーをパチリ☆










a0067273_23265171.jpg



虎ノ門では、ビルに挟まれるように、立派な神社が!


琴平神社。
こちらの神様は、
江戸城の鬼門除けの神としても鎮座されていたそう。


異次元の世界にでも入り込んだかのような気持ちに…。








a0067273_2347197.jpg
皇居のお堀へ行くと、
夕陽がちょうど沈もうとしていた。



シャッターチャンスを逃すまいと、
カメラを向ける沢山の人々。
その中へ交じって、私もパチリ☆



歩いている時は、
3年位使っているカメラ付き携帯で撮っている。
そろそろちゃんとカメラを持って、歩こうかな…?






a0067273_2359377.jpg

素晴らしい夕焼けを楽しんだ後、中華を食べに神保町へ!
そこが今回のゴール地点。


今回、「五反田」から「神保町」まで、
計10km歩いた。


100%になるまで、あと何km歩くことになるのか。
また、どんな感動が待っているのか。


引き続き、応援よろしくお願いいたします♪
[PR]
by nao-com | 2010-09-08 00:42 | NPOのこと
赤ちゃんの胃の大きさは…?
生まれたばかりの赤ちゃんの胃の大きさは、
なんとビー玉1つ分と非常に小さなもの。
母乳以外は与えてはいけないのに、泣き止まない我が子にお粥の様なものを与えてしまい、
結果赤ちゃんの胃は受けつけず、下痢をし、脱水症状になり、亡くなってしまう。

このように親に知識がないばかりに赤ちゃんが次々と亡くなっている開発途上国の現状、
そして貧困スパイラルの実在を、友達Aさんを通して、この7月に知ってしまった。

その国の人々に知識を少しでも広げ、その国の行政ともタイアップしながら
人々の健康を守るために活動しているのが、
NPO法人『HANDS(Health and Development Service)』で、
Aさんはそこに所属するスタッフ。

そして、私は1ヶ月前、「101km歩いて、HANDSを支援!」というチャレンジを宣言し、
日々チャレンジしながら、その様子をこのブログに綴った。


 (ゴール後、撮影☆ 帽子左:Sさん、帽子右:私)a0067273_7512526.jpg
寄付をして頂いたり、激励メッセージを送って下さったり、
大切に育てたお野菜を届けて下さるなど、様々な形でサポートをして下さった皆さん。
皆さんの温かいサポートのお陰で、101km完歩を一昨日、成し遂げる事ができました!
本当にどうもありがとうございました。


皆さんのサポートが大きなエネルギーとなり、
私のパートナーまでをも突き動かし、気づくとナビゲーターとして参加してくれていました。
お陰で、かなりの方向音痴の私は、道に迷う事なく、怖い思いをすることもなく、
安心して、しかも楽しく101kmを歩く事ができました。


感動体験など、ブログにちょこちょこ綴りましたが、
こんなにも素晴らしい体験を沢山させて頂くことになるとは、夢にも思っていませんでした。
そのきっかけを作ってくださったHANDSさん、Just Givingさんにも、感謝します♪


8/27に、目標額 101,000円達成率は、35%でした。
「100%となるミラクルは起きる」と信じ歩き続け、9/3(現在)79%の79,588円。
本当に心から感謝します。


このチャリティーで集められたお金が、どのように使われていくのか。
また、私が突き動かされた開発途上国の現状を改善するために、
どの程度お役に立てることになるのか。
今後HANDSさんとのおつきあいを通して、このブログでもお伝えしていこうと思います。



私のチャレンジは終わりましたが、「101km歩いて、HANDSを支援!」「のサイトで、
引き続きサポートをお受けすることはできます。
この数字が100%に達する事を信じて、引き続き応援をよろしくお願いいたします。


応援をして下さった皆さん、本当にありがとうございました。

感謝を込めて、
    nao♪
[PR]
by nao-com | 2010-09-03 12:19 | NPOのこと
ラスト4kmは…!?
「101km歩いて、HANDSを支援!」

ゴールは、HANDSさんの事務所で迎えることにした。
方向音痴の私を心配して、急遽スタッフのSさんが、
一緒に歩いて下さることに…♪
お互い通勤電車に揉まれながら、スタート地点で合流。

a0067273_2211947.jpg
今朝はまた一段と暑かった。

8時半、有楽町駅スタート!

アスファルトの照り返しが半端じゃない。

でも、私達が歩く日比谷通りは、

ビル群がみごとな日陰をつくってくれていた♪









a0067273_22512440.jpg
本郷通りも、ずっと日陰コース。

もし日向だったら…。考えただけでも恐ろしい。

ラスト12km、一気に歩きたかったという思いがあったけれど、

それを決行していたら…。確実に熱中症になっていただろう。

そうならなかったのも、Kさんのダメ出しのお陰♪







a0067273_23218100.jpg

Sさんは、「途上国の人々の健康をめざし、12時間リレーに挑戦」

というチャレンジを、

来月HANDSのスタッフ皆さんと共にされる。

そのために普段、トレーニングをしていらっしゃるので、

2人で速めのペースで歩いた。

ゴール予定時間までに少し余裕があったので、

神田明神でお参りすることもできた♪





そして…

手づくりバナーを持って、沢山のスタッフの方々が
ゴールを出迎えて下さった。
皆さん、出勤時間よりも早くいらして、ゴールを待っていて下さった。
飲みものに、冷たいグレープフルーツやパイナップル、パンを用意して、
待っていて下さった。
本当にどうもありがとうございました。

ラスト4km、この猛暑の中を一緒に歩いて下さったSさん。
改めて、ありがとうございました。

そして、このチャレンジを見守り、
様々な形でサポートして下さった皆さん。
達成できたのは、皆さんの温かい応援が私の背中を押して下さったからです。
この1ヶ月間、本当にありがとうございました。

最後に、ナビゲーターとして一緒に歩いてくれたKさん。
まさかここまでの猛暑になるとは予想せず
相談もせずに始めてしまったこのチャレンジ。
愚痴1つ言わず、むしろ「今日は歩かなくていいの?」と本当に協力的で、
結局ほとんどを一緒に歩いてくれましたね。
心から感謝しています。ありがとう。

101km完歩!
[PR]
by nao-com | 2010-09-01 00:24 | NPOのこと